釜石まつり

10月の第3土曜日と日曜日は釜石まつりです。
思い起こせば、私が小学校の低学年の頃、釜石まつりと言えば、街の中には露店がたくさんあり、お菓子を食べたり、おもちゃが当たるくじをして楽しんでいました。御神輿や馬が歩く姿も見ていましたね。当時は本当ににぎやかだった。
父親はまつりや花火の度に写真を写していたので、父親と一緒にまつりを見たという記憶はあまりありませんね。
そんな私も今では、まつりや花火と聞くと、写真を写しに行ってるんですよね(笑)。親子って似るんですね。

例年、釜石まつりの初日(土曜日)は曳き船と決まっています。曳き船とは、尾崎半島の青出浜にある神社に神様をお迎えに行き、尾崎神社まで連れてくるという儀式です。お迎えは船で行くんですよ。
という訳で、私は今朝5時に起き、曳き船写真を撮るための撮影ポイントを探ってきました。
まずは目覚めがてら、ぶらっと平田湾へ。養殖棚で一艘の船が作業をしていました。津波で被害を受けた湾口防波堤は修復中です。
b0223754_23212733.jpg

400mmで写せばこのぐらいの大きさで写るんだなと確認し、湾口防波堤と曳き船を写す構図もちらっと頭の中に入れ次の場所へ。
今年の曳き船は昨年の2艘?から今年は13艘になったので、上からの撮影はどうかなと思い、鉄の歴史館周辺へ。でも望遠で狙っても絵にならないかなと思いここでの撮影は却下。
b0223754_23264840.jpg

次は公共埠頭へ。震災前、観光船はまゆりの発着所となっていた場所に大漁旗をたくさん付けた船を発見。曳き船の準備に追われていました。
b0223754_23332297.jpg

朝だったので太陽の位置が低い。太陽と旗を重ね合わせ逆光写真をパシャ。逆光ってなんか面白い。太陽の位置次第で被写体のイメージががらっと変わるんですよね。
b0223754_2340467.jpg

逆光写真を何枚か写して再び平田湾へ。今朝は放射冷却現象で寒かったので、海から上がる蒸気と曳き船をパシャ。
b0223754_2343429.jpg

朝の下見はこれで終了。
今日は長男の通院日だったので、曳き船の撮影ができたのはギリギリ午後1時頃でした。結局撮影場所は魚市場前に。すでにたくさんの人だかりができていました。
久しぶりに見る曳き船はいいもんですね。海風も爽やかでした。
b0223754_23502994.jpg

湾内をぐるぐる旋回し新浜町の魚市場に集結します。
b0223754_23532558.jpg


日曜日の午後は神様を再び青出浜に送り届けますので、私も見送りに行きたいと思います。もちろんカメラを持って。
[PR]

by endo-kazu | 2012-10-20 23:56 | イベント  

<< 釜石まつり(御見送り) マクロ一気撮り >>