奇跡の一本松

予算査定は本日の市長査定が終了しやっと一山超えました。しかし、間髪置かずに明日から当初予算の予算書づくり、そして3月補正予算の査定、復興交付金事業の査定が始まります。常にいくつかの業務が重なっているし、私が担当する9課の起案文書が大量にまわってくるので、机の周辺は書類だらけです。毎日栄養ドリンクを飲みながら悪戦苦闘しています。これらの業務が終われば春です。

先日の1月29日は震災後一回も行っていなかった気仙沼ジャスコに行ってきました。気仙沼ジャスコも津波被害を受け、しばらく営業していませんでしたが、来店者が多く、賑わいを取り戻していました。
気仙沼に行く途中に陸前高田市を通過するのですが、陸前高田市を訪れたのは震災後2回目です。震災前は陸前高田市の海と貝のミュージアムを見学したり、高田松原海岸の周辺を散歩したり、道の駅で買い物したり、ドライブついでに立ち寄っていました。
陸前高田市といえば、県内市町村職員研修会で知りあった陸前高田市の職員、大槌町の職員、そして山田町の職員達とよく集まって互いの街の話や、将来の街について、飲みながら語り合ったものでした。
しかし共に酒を飲みながら将来を語り合ってきた陸前高田市の友人2人、そして大槌町の友人1人は津波の犠牲となり天国へ旅立って往きました。みんな自分たちの街が大好きで将来はこんな街にしたいという強い意志と希望をもっている連中でした。
奇跡の一本松。枯れそうだという話を聞いていたので、枯れる前に見ておこうと思い、立ち寄りました。
b0223754_23285573.jpg


この松の姿を見て元気をもらいました。
[PR]

by endo-kazu | 2012-02-02 23:47 | 東日本大震災  

<< 日の出 久々の更新 >>