シグマ8mm-16mm

ずーっと超広角レンズが欲しくて、どれを買おうか下調べしてきました。
そして遂に購入したレンズが「シグマ8mm-16mm」です。持っているカメラがキャノン60Dなので実質的には×1.6倍になります。
それでレンズの写り具合を確かめるべく、今日、遠野市の寺沢高原牧場へ行ってきました。
数ヶ月前に高原に居た牛は居ませんでしたが、立ちながら、地べたに這いつくばり、高い場所から、と様々な方法で景色を写してみました。PLフィルター等は着けれないのですが、空の色は結構青くいい感じになりますし、8mmで写すと画像の周辺が流れるため、空の雲が印象的な形になっちゃいます。構造物を写すと周辺部は変形します。ニコンのカメラにはこの変形を修正する機能がある(?!)と聞いた事がありますがキャノンには無いようです。
逆光で写しても特に違和感のないきれいな画像でした。ハーフNDフィルターがあると結構良い写真が撮れるかもしれません。
風景写真はあえて8mmで写した画像です。
b0223754_2137496.jpg

b0223754_21322518.jpg

[PR]

by endo-kazu | 2011-07-18 21:39 | カメラ  

<< 流鏑馬 セミ >>